明大 立大撃破でV望みつなぐ 1年左腕がロングリリーフ7回零封

[ 2014年10月28日 05:30 ]

<立大・明大>7回を4安打無失点の力投を見せた明大2番手・斉藤

東京六大学野球第7週第3日 明大4―1立大

(10月27日 神宮)
 3回戦1試合が行われ、明大が立大を4―1で下して1勝1敗1分けとし、2季ぶりの優勝に望みをつないだ。2回に竹村春樹内野手(1年)の中前適時打で勝ち越し、3回からロングリリーフした斉藤大将投手(1年)が7回無失点の好投を見せた。99年秋以来30季ぶりの優勝に王手をかけていた立大は初回に先制しながら逆転負けを喫した。28日は4回戦が行われる。
【試合結果 勝敗表】

 度胸満点だ。最後の打者を139キロ直球で空振り三振に仕留めた斉藤は左拳を握った。負ければ優勝が消えるマウンドで、1年生とは思えない冷静な投球を見せた。

 「大事な試合を任された。結果的に0点で抑えられてよかった」。1点を勝ち越した直後の3回から登板。名門・桐蔭学園出身だが、甲子園経験のない無名の左腕は「いつでもいける準備はできていた」と平然と振り返る。大学ではオープン戦も含めて自己最長の7回を4安打8奪三振無失点。切れのいいスライダー、チェンジアップを両コーナーに投げ分けた。

 打線を勢い付けたのも1年生だ。1―1の2回1死三塁から代打・竹村が中前に勝ち越し打。追い込まれたが、斉藤同様に冷静だった。「外の真っすぐに張っていた」と狙い通りの球を捉えた。昨春のセンバツで浦和学院(埼玉)の1番打者として全国制覇を経験。今夏は筋力トレーニングに取り組み、体重は2キロ増の74キロになった。パワーアップでスイングスピードが上がり、リーグ戦初タイムリーにつなげた。

 28日の4回戦で勝てば早慶戦の結果次第ながら、優勝に望みがつながる。善波達也監督は「価値ある勝ちになるように、あしたも頑張ります」と意欲を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年10月28日のニュース