オリ平野佳「誠意は感じた」複数年提示に残留に傾く?

[ 2014年10月28日 05:30 ]

帰路につく平野佳

 今季に国内FA権を取得したオリックス・平野佳が27日、球団側と25日に残留交渉したことを明かした。今季はリーグ新記録の40セーブを挙げ2位躍進に貢献したことで複数年契約を提示されたという。

 「必要としてくれて、うれしかった。誠意は感じた。なるべく早く答えを出したい」と残留に傾き始めているもよう。昨年の契約更改では「他球団の評価も聞いてみたい」と発言していたが、この日は「どうしても、他球団の評価を聞きたいというわけではない。(FA権を)使わない可能性もある」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月28日のニュース