唐川 8回零封で待望の今季初勝利!ブラゼルが9回決勝弾

[ 2014年7月1日 20:49 ]

<ソ・ロ>ロッテ先発の唐川
Photo By スポニチ

パ・リーグ ロッテ1―0ソフトバンク

(7月1日 東京D)
 ロッテはこの日昇格した先発・唐川が8回5安打無失点、4三振1死球の快投で待望の今季初勝利(5敗)。9回は西野がサヨナラのピンチを招くも踏ん張って今季16セーブ目を挙げた。

 唐川は今季、開幕から0勝5敗と結果を出せず5月中旬に2軍降格。この日昇格を果たすと、序盤から的を絞らせず打たせて取る投球でスコアボードに0を並べ、8回にはこの試合初の長打を許すも後続を断って無失点で終えた。

 打線はソフトバンク先発のスタンリッジに8回まで散発5安打に抑えられていたが、9回1死からブラゼルが右中間スタンドへ4号ソロ本塁打を叩き込んでようやく唐川に援護点をプレゼントした。

 ソフトバンクはスタンリッジが6安打1失点で完投も、9回のブラゼルへの1球に泣いた。打線は8回、松田の二塁打から2死三塁の先制機をつくるも生かせず。9回も2死一、二塁とサヨナラのチャンスを築いたが、あと1本が出なかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月1日のニュース