セスペデスが外野手3位に浮上 球宴ア・リーグ中間発表

[ 2014年7月1日 09:19 ]

 米大リーグは6月30日、オールスター戦(7月15日・ミネアポリス、ターゲット・フィールド)のファン投票のア・リーグ第6回中間結果を発表し、外野手のセスペデス(アスレチックス)が4位から選出圏内の3位に浮上した。全体のトップは同じ外野手のバティスタ(ブルージェイズ)で446万245票。

 全体2位は外野手のトラウト(エンゼルス)、3位は一塁手のM・カブレラ(タイガース)。各ポジションの1位に変動はなかった。日本選手で唯一候補入りした青木(ロイヤルズ)は外野手の上位15人に入っていない。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月1日のニュース