山口 プロ初本塁打も6失点で黒星「粘れなかった」

[ 2014年7月1日 22:37 ]

<中・D>3回無死、DeNA・山口は左中間に同点ソロを放ち蓬莱コーチ(左)とハイタッチ

セ・リーグ DeNA4―12中日

(7月1日 金沢)
 DeNAは先発の山口が6回途中6失点と崩れたのが響いた。2点リードの初回に3失点。4―3の5回には犠飛で追い付かれ、6回に和田に勝ち越し2ランを浴びた。「粘るところで粘れなかった」と肩を落とした。

 9年目右腕は3回に自らのプロ初本塁打で同点とする場面もあったが「振ったらそこに(ボールが)来た。おまけみたいなもの。初回を1点で切り抜けることができなかったのが痛かった」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月1日のニュース