西 5回4失点も両リーグ最速10勝!オリ逆転で楽天戦9戦全勝

[ 2014年7月1日 22:02 ]

<オ・楽>2回無死、嶋の打球に一塁カバーに向かう西
Photo By スポニチ

パ・リーグ オリックス8―5楽天

(7月1日 京セラD)
 オリックスが4点のビハインドを跳ね返して逆転勝ち。先発の西は2本塁打を浴びるなど5回で114球を投げて10安打4失点と苦しんだが、打線の援護に助けられて両リーグを通じて最速の10勝目を挙げた。

 0―4の4回、無死一塁からT―岡田のバックスクリーンに飛び込む12号2ランで2点差に迫ると、5回には安達、糸井の安打で1死一、二塁とし、ペーニャの中前適時打で1点差。T―岡田の死球で2死満塁とし、伊藤が三遊間を割る2点適時打を放って逆転に成功した。6回には無死一、二塁から糸井が右翼席へ弾丸ライナーで突き刺さる9号3ランを放って試合を決めた。

 楽天は銀次、岡島の一発などで序盤に4点をリードしたが、先発の美馬が中盤に崩れ、中継ぎ陣も踏ん張れなかった。これで今季の対オリックス戦は9戦全敗。ルーキーの松井裕は7回からマウンドに上がり、ペーニャ、T―岡田を直球で連続三振に仕留めるなど2回1安打無失点と好投した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月1日のニュース