金子「オール変化球勝負」宣言!伝説の9連続K再現狙う

[ 2014年7月1日 05:30 ]

<オリックス投手指名練習>星野コーチを背にキャッチボールする金子

「マツダオールスターゲーム2014」選手間投票結果発表

 オリックス・金子が異例の「オール変化球勝負」を宣言した。球宴は直球主体の力勝負がもてはやされるが「僕の場合、直球では抑えられないので、シーズン同様、変化球を使いたい。逆に、直球は投げないぐらいの気持ち」と意気込んだ。

 球種はカーブ、スライダー、カットボール、シュート(ツーシーム)、チェンジアップ、スプリット、シンカーの7つ。さらに今季から新たに導入した「空振りを取りたいイメージで、カーブよりスピードは速く、変化は若干小さい」というパワーカーブもある。

 前回は監督推薦での出場で、選手間投票では初選出。「いつも対戦している打者から評価をしてもらって励みになる」と喜んだ。現在、リーグ断トツの127奪三振。多彩な変化球で、71年に江夏(阪神)がマークした9連続三振の再現を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月1日のニュース