ヤ軍3連敗で折り返し、課題挙げる指揮官 イチロー死球は大丈夫

[ 2014年7月1日 14:07 ]

レイズ戦の3回、ガードナーの三塁打で、一塁から生還するヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース3―4レイズ

(6月30日 ニューヨーク)
 ヤンキースは3連敗を喫して折り返しとなった。ジラルディ監督は「得点力を上げることと、先発投手がもっと長い回を投げられるようにすること。この二つが鍵」と今後の課題を挙げた。

 イチローはこの日の3回、154キロの速球を右膝付近に受けたが、影響はなさそう。81試合を終えた時点で感じることを尋ねられると「(特に)ないですね。(その理由は)感覚的なものですね」と淡々と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月1日のニュース