上原 連夜のイチロー斬りで18S目「相手が誰でも抑える」

[ 2014年7月1日 05:30 ]

ヤンキース戦の勝利をナポリ(右)と喜ぶレッドソックス・上原

ア・リーグ レッドソックス8―5ヤンキース

(6月29日 ニューヨーク)
 レッドソックスの上原が連夜のイチロー斬りで連続セーブを挙げた。9回に5番手で登板すると1死からイチローをフォークボールで空振り三振。代打で登場したイチローを中直で抑えた前夜に続き、3人でピシャリと締めて18セーブ目だ。

 「イチローさんどうこうでなくて、相手が誰でも抑えなければいけない」。宿敵との3連戦で勝ち越しに貢献したが「一つずつ勝たないと駄目な状況」と地区4位からの巻き返しへ、表情を引き締めていた。

 ▼レッドソックス・田沢(8日ぶりの登板で8回1安打無失点)キャンプでもこんなに空くことはないので難しいけど、ストライクが入っただけ良かった。投球自体は納得いっていないが、ゼロで抑えたことが良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月1日のニュース