NFL1巡目QBを指名、名選手ジュニアも 大リーグドラフト終了

[ 2014年6月8日 12:21 ]

 米大リーグの新人選択会議(ドラフト会議)の最終日が7日に行われ、パドレスが28巡目でテキサス農工大フットボール部のQBジョニー・マンゼルを内野手として指名した。マンゼルはプロフットボール、NFLのブラウンズから1巡目で指名され、既に入団を決めている。高校で有力選手だったが、大学ではプレーしていない。

 ナショナルズは15巡目で殿堂入りしているカル・リプケン氏の息子ライアン・リプケン内野手を指名。ヤンキースは29巡目で歴代1位のセーブ数を誇るマリアノ・リベラ氏の息子マリアノ・リベラ3世投手を指名した。

 プロ野球ヤクルトなどで活躍したテリー・ブロス氏、横浜(現DeNA)でプレーしたパット・マホームズ氏の息子も指名された。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月8日のニュース