青木は1安打1打点、イチローは代打で右前打

[ 2014年6月8日 12:44 ]

ア・リーグ ロイヤルズ8―4ヤンキース

(6月7日 カンザスシティー)
 ロイヤルズの青木は7日、カンザスシティーで行われたヤンキース戦に「1番・右翼」で出場し、4打数1安打1打点だった。内容は左飛、中飛、一直、左翼線適時打(打点1)。6回に代走を送られ交代した。打率は2割5分8厘。

 ヤンキースのイチローは5点リードされた9回に代打で出場、右前打を放った。打率は3割1分3厘。試合はロイヤルズが8―4で勝った。

 ▼イチローの話(代打で右前打)そのために準備している。ヒットが出ればうれしい。もちろん(初対戦の新人右腕が)何を投げるかとかは事前に聞いていますが、そりゃ(情報は)少ない。どうしようもないから振るしかない。

 ▼青木の話(6回の左翼線適時打は)狙ったわけではないが、自分のポイントでしっかり振った結果、あそこにいった。強い打球を打とうと思って打席に立っている。(8日の黒田との対戦に向け)日本時代とは投球も変わっている。集中して打席に立ちたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月8日のニュース