畠山 左太腿裏痛め途中交代…肉離れか?「ブチって音がした」

[ 2014年6月8日 18:39 ]

<ヤ・西>6回1死満塁 中村の右安打で三塁で止まった畠山。左足を負傷し交代する

交流戦 ヤクルト9―5西武

(6月8日 神宮)
 ヤクルトの畠山が6回、1死満塁で中村が右前タイムリーを打った場面で、三塁を回ったところで左足を痛め交代した。

 8日は日曜日のため、9日の午前中に病院で検査を受けるが、畠山は「あの場面での判断が悪くてスタートが遅れた。最近、左太腿裏が硬くて気をつけながらプレーをしていたが、100%で走ってしまった。ベースを回る時にブチって音がした」と悔やんだ。

 畠山はこの日までリーグ6位の・319、チームトップの44打点をマーク。小川監督も「肉離れだと思う。心配だ。検査しないと分からないが、あの様子だと厳しいかな」と厳しい表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月8日のニュース