オリ堅首 序盤大量リード、ヘルマン&糸井弾 広島5連敗で首位陥落

[ 2014年6月8日 17:14 ]

<広・オ>オリックス先発のディクソン

交流戦 オリックス8―1広島

(6月8日 マツダ)
 オリックスが序盤で大きくリードして広島に圧勝、3連勝でリーグ首位を守った。

 初回にヘルマンの4号ソロ本塁打で先制すると2回には1死二、三塁から山崎勝の左中間適時二塁打で2点を追加、3回にも糸井の8号2ランで加点した。この後も着々と得点を加え大勝した。

 投げては先発のディクソンが再三得点圏に走者を置きながらも8回1失点で6勝目を挙げた。

 広島は先発のバリントンが乱れ5回途中で6失点KO、反撃も遅く5連敗。2位巨人が勝ったため首位から陥落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月8日のニュース