掛布氏が新人合同自主トレ視察 横田の打撃に「一つの武器になる」

[ 2014年1月10日 19:15 ]

 阪神の掛布ゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーターが10日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で行われている新人合同自主トレーニングを初めて視察した。

 室内練習場で目を光らせ、左打席から広角に打球を放ったドラフト2位の横田(鹿児島実高)について「左中間方向に打てるのは一つの武器になると思う」と話した。「ミスタータイガース」からの高評価に、横田は「左方向に本塁打を打てる選手になりたい」と自信を深めた様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月10日のニュース