和田が自主トレ公開 2000安打まで100本も「まだ近くない」

[ 2014年1月10日 15:48 ]

自主トレーニングで坂道を全力で駆け上がる中日の和田

 中日の和田一浩外野手が10日、佐賀県武雄市内でDeNAの後藤武敏内野手、阪神の黒瀬春樹内野手とともに自主トレーニングを公開した。通算2000安打まであと100本に迫っているが「意識はしているけど、まだ近い数字ではない。イメージはまだ湧かない」と話した。

 今オフのテーマを「徹底的に下半身をいじめて沖縄(キャンプ)に入りたい」とし、この日も坂道ダッシュを繰り返して足腰を鍛えた。打撃練習では自ら投手を務め「いつでもいける体になっている」と笑顔を見せた。

 主砲の責任を担う41歳のベテランは「どんなことがあっても優勝したい。和田がいないと駄目、と言われる打撃をしたい」と意気込み「もう一回3割を打ちたい」と大台を目標に掲げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月10日のニュース