“苦しみなくして栄光なし”中村祐は「黒田本」持参で入寮

[ 2014年1月10日 09:22 ]

 広島ドラフト5位・中村祐(関東一)はヤンキースで活躍する黒田の著書「決断」を持参した。高2春の選抜4強入り後、股関節のはく離骨折に見舞われた右腕。故障で苦しんだ時期に、読んで感銘を受けたという。

 「“苦しみなくして栄光なし”という言葉が響いた。高3の夏に、自分も練習を我慢する決断をした。無理していたら、ここにいないと思う」。唯一の高卒ルーキー。かつてのエースの言葉を胸に「一日も早く1軍に上がれるように頑張りたい」と気合を入れていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月10日のニュース