中畑監督 ヘルニア手術成功「しびれも全くない」

[ 2014年1月10日 05:30 ]

 DeNAの中畑清監督(60)が8日に徳島県内の病院で頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの手術を受けたことが9日、分かった。

 昨年から頸椎の痛みと左腕のしびれを訴えていた同監督は「キャンプでノックを浴びせて若手を鍛えたい」という思いから手術に踏み切った。術後の経過は極めて順調。すでに病院内を歩ける状態で「しびれも全くない」と回復をアピールした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月10日のニュース