子連れルーキー西原、妻子の写真も持ち込まず「野球に集中したい」

[ 2014年1月10日 09:20 ]

入寮しグラブを手に気合いを入れる西原

 広島ドラフト4位の西原(ニチダイ)は、こだわりの品を持ち込んだ他の新人とは対照的に、生活必需品以外は野球道具だけという、至って簡素な出で立ちで入寮。大切な家族の写真でさえ、持参品から排除するほどの徹底ぶりで、プロ入りに懸ける覚悟を示した。

 「野球に必要なモノだけを持って来た。子どもの写真があると、寂しくなるし、会いたくなる。そういうところも犠牲にしないと、この世界ではやっていけないので」

 妻・慶子さんと昨年5月に入籍し、10月に長男・隼成(しゅんせい)ちゃんを授かったばかりの、子連れルーキー。可愛いさかりだが、4月に予定する同居までは一切の煩悩を捨て、開幕1軍を目指して野球に打ち込む決意だ。

 「投げる方はまだまだだけど、走る方は問題ない。野球に集中したい」

 即戦力の中継ぎ候補。「家族を養う」強い責任感が25歳右腕のモチベーションになる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月10日のニュース