楽天の嶋ら沖縄で自主トレ 「24勝」を全員でカバー

[ 2014年1月10日 18:06 ]

自主トレーニングでキャッチボールする楽天・嶋(手前)ら

 2年連続の日本一を目指す楽天の嶋基宏捕手、銀次内野手ら6選手が10日、沖縄県内で自主トレーニングを公開し、ノックやランニングなどで汗を流した。

 田中将大投手が米球団に移籍した場合、昨季エースが積み上げた24勝の貯金をどう補うかが、今季の課題の一つとなる。嶋は「打つ、守る、走塁において、全員でカバーしていかないと」と表情を引き締めた。

 銀次は昨季チームトップの打率3割1分7厘をマークした。今季は得点力アップのため、バース(阪神)が持つシーズン最高打率3割8分9厘のプロ野球記録の塗り替えを目標に掲げた。「去年よりもっと上の成績を残さないと。一番になりたい。首位打者になりたい」と力強かった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月10日のニュース