熊崎コミッショナー、落合GM指導問題「柔軟な対応を」

[ 2014年1月10日 05:30 ]

 日本野球機構(NPB)の熊崎コミッショナーは9日、中日・落合博満GMが自主トレ中の選手を直接指導した問題について「形式的に(野球協約の)文言だけ見ると違反じゃないかというが、いろいろな角度から見ていかなければならない」と柔軟に対応すべきと話した。

 現時点で処分などは検討していない。また、「球界の実情に合うようにするにはどうしたらいいか」と将来的な改定の必要性を訴えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月10日のニュース