八戸学院光星 初戦敗退 阪神・北條弟、裕之は猛省2失策

[ 2013年11月18日 05:30 ]

<八戸学院光星・今治西>4回無死一塁、西原の遊ゴロを捕球する八戸学院光星・北條だったが送球できず内野安打

明治神宮野球大会第2日高校の部準々決勝 八戸学院光星1―5今治西

(11月17日 神宮)
 八戸学院光星は2年ぶり2度目の優勝を目指したが、初戦で姿を消した。

 同校から阪神入りした北條の弟で1番・遊撃で出場した裕之は4打数無安打。慣れない人工芝での2失策に「全国大会というプレッシャーに押された」と猛省だ。11年大会の準々決勝で逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、プロを意識したという兄からは10月に電話で激励を受け「大舞台で打てる選手がプロに行けると言われた。常に打てるようにしたい」と出直しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月18日のニュース