マー君 有馬記念プレゼンター内定!日本一馬と夢の共演

[ 2013年11月18日 08:07 ]

<キャンベラ・楽天>試合開始前のベンチで(左から)則本、辛島と笑顔を見せる田中

 無敗のエースが、年末のグランプリに「登板」する。中央競馬の祭典・有馬記念(12月22日、中山競馬場)の表彰式プレゼンターに楽天の田中将大投手(25)が内定したことが17日、明らかになった。競馬への知識、馬券センスもエース級で「万将(まんまさ)」の称号を持つ球界の顔が、年度代表馬を懸けた競馬界の大一番で、記録ずくめの13年を締めくくる。

 引退戦となる5冠馬オルフェーヴル、春秋グランプリ3連覇を狙うゴールドシップ、女傑ジェンティルドンナ…。中央競馬が2013年の師走に開催する大一番に、プロ野球界を代表するエースの「登板」が内定した。

 毎年、スターホースが勢ぞろいする有馬記念は300億円強を売り上げる国民的なイベント。それだけにJRAは、その年に活躍したスポーツ選手や著名人を表彰プレゼンターとして招へいしてきた。そこで今年は開幕から無傷の24連勝でポストシーズンもフル回転して楽天を日本一まで導き、東日本大震災から復興を目指す東北全土に勇気と元気を与えた田中に白羽の矢を立て、楽天との交渉を慎重に進めてきた。オフは表彰式やテレビ番組の出演で分刻みのスケジュールとなりそうだが、有馬記念開催日の調整がついたことでプレゼンター役が内定した。

 田中は熱烈な競馬ファンとしても知られている。「去年の夏くらいからチームのみんなと(馬券を)買いだして、そこからはまりました」。今年は3連単で8万円の高配当馬券を的中させるなど、グラウンド外でも「神の子」ぶりを発揮している。

 有馬記念のプレゼンターは、レース観戦後に中山競馬場芝コースに設置される表彰台で優勝馬関係者にトロフィーを手渡し、10万余の観衆の前で優勝騎手とともに勝利の雄叫びを上げることになっている。今月3日に日本一となった日本シリーズ第7戦(Kスタ宮城)ではヒーローインタビューで田中は「日本一になったぞー!!」と絶叫してファンを盛り上げた。同競馬場で、その再現が見られるかもしれない。

 プロ野球界の日本一投手と、競馬界の日本一馬の共演。ビッグサプライズは、近日中にもJRAから正式発表される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月18日のニュース