桧山元選手が生徒表彰役に 表彰状に「謙虚と挑戦」記す

[ 2013年11月18日 17:04 ]

大阪府教委の「教育長賞」のスペシャルプレゼンターに就任した、元阪神の桧山進次郎氏。右は松井一郎知事

 プロ野球阪神で活躍した桧山進次郎元外野手(44)が18日、大阪府教育委員会が生徒らを表彰する「教育長賞」のスペシャルプレゼンターに就任した。

 先発メンバーを外れても、代打の切り札として実績を残した桧山元選手になぞらえ、府教委は目立たない活動でも継続した府立校の生徒らを、学期ごとに新たに表彰する。表彰状には、桧山元選手のサインと「謙虚と挑戦」の文言が記される。

 桧山元選手は府庁咲洲庁舎で松井一郎知事と面会し「どんな世界でも、表舞台で活躍する人には、必ず裏で支える人がいる。子供たちには強い気持ちで歩んでほしい」と語った。

 松井知事は「桧山さんは阪神一筋で活躍した。子供たちにもメッセージは伝わる」と述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月18日のニュース