山崎がオリックス入りへ「前向き」 ソフトBからFA

[ 2013年11月18日 20:57 ]

ソフトバンクからFA宣言した山崎

 ソフトバンクから国内FA宣言した山崎勝己(やまざき・かつき)捕手(31)のオリックスへの移籍が決定的になっていることが18日、分かった。オリックスはこの日、福岡市内で瀬戸山隆三球団本部長らが初交渉したと発表。瀬戸山本部長は球団を通じ「さまざまな面で必要だと伝えた。本人は地元ですし、前向きに検討させていただきますというような話をしていた」とコメントした。

 山崎は報徳学園から00年ドラフト4位でダイエー(現ソフトバンク)入り。ホークス一筋13年、控え捕手として欠かせない存在だったが「一野球選手として他球団の評価も聞いてみたい。試合に出て、もっと活躍したい」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月18日のニュース