坂本 V旅行封印 オフは休養&トレーニング専念

[ 2013年11月18日 05:30 ]

坂本は寺内のジャンパーを着て外野をランニング中に笑顔を見せる

 巨人・坂本が今オフは休養とトレーニングに専念する意向を示した。12月中旬のハワイへの優勝旅行は不参加の方向。テレビ番組出演や各種表彰式の予定も入っておらず、ジャイアンツ球場での秋季練習で汗を流した坂本は「やりたいことはたくさんある。1月の自主トレまでに少しでも状態を上げて迎えられるようにしたい」と話した。

 昨年はアジアシリーズに加え、11月18日まで侍ジャパンのキューバ戦にも出場。その後のオフも最多安打などの表彰やテレビ番組出演など多忙を極め、WBCへ向け年内始動とほぼ無休だった。今オフは「休むところは休み、トレーニングをしてという感じ。なかなか疲れをとるのは難しい」。遊撃で6年連続140試合以上出場してきた蓄積疲労を少しでも抜き、昨オフから続ける筋力トレで体力強化も図る。打率・265、12本塁打に終わった今季からの巻き返しへ、空いた時間をフル活用する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月18日のニュース