孫オーナー、王会長ら1800人参列 故笠井氏お別れの会

[ 2013年11月18日 16:15 ]

笠井前球団会長お別れの会に参列した孫正義オーナー

 プロ野球ソフトバンクの前球団社長兼オーナー代行で10月に死去した笠井和彦氏のお別れの会が18日、東京都内のホテルで開かれ、孫正義オーナー、王貞治球団会長、球団OBで日本代表監督を務める小久保裕紀氏や、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長など約1800人が参列した。

 富士銀行(現みずほフィナンシャルグループ)副頭取などを経て、2000年にソフトバンク本社の取締役に就任した。孫氏は「僕にとって最大の名キャッチャーだった」と感謝の言葉をささげ、王氏は「来年は日本一になって思いに応えたい」と話した。

 球団が本拠地としている福岡市のヤフオクドームでも同時にお別れの会が行われ、秋山幸二監督らが故人をしのんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月18日のニュース