今治西4年ぶり4強 越智樹が昨夏の屈辱バネに3打点

[ 2013年11月18日 05:30 ]

<八戸学院光星・今治西>3回2死一、三塁、一塁けん制挟殺プレーの間に本塁突入する八戸学院光星・新井(手前)だったが越智樹のブロックに阻まれタッチアウト

明治神宮野球大会第2日高校の部準々決勝 今治西5―1八戸学院光星

(11月17日 神宮)
 今治西を4年ぶりの4強進出へ導いたのは3番・越智樹だ。初回1死二塁から左前へ先制適時打を放つと、3回1死一、三塁では右中間を破る会心の三塁打。3安打3打点と奮闘した。

 チームは昨夏甲子園で、楽天からドラフト1位指名された桐光学園の松井に22三振を喫した。守備固めで途中出場した越智自身も1打席立ち、空振り三振に倒れていた。「ふとした瞬間に(松井のことが)頭の片隅にあります。ああいう場面で打てる打者に」と昨夏の屈辱を力に変えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月18日のニュース