ルーキー福谷4失点 リード守れずプロ初黒星

[ 2013年6月17日 06:00 ]

<ロ・中>7回2死一、三塁、鈴木の時に降板する福谷

交流戦 中日5-9ロッテ

(6月16日 QVC)
 中日の執念の継投は残り3イニングで断ち切られた。2点リードの7回からプロ初の2日連投でリリーフしたドラフト1位・福谷がロッテ打線につかまり、2/3回4失点でプロ初黒星。高木竜が痛恨の逆転負けで交流戦を終えた。

 大ベテランの不調が最後に響いた。先発・山本昌が3失点で1回1/3KO。序盤からの継投を余儀なくされ、6回までは無失点でつないだが、中田賢、岩瀬とつなぐ直前でバトンは途切れた。高木監督は「マサがあれだけ早く降りちゃ、最後に投手が足りんようになる」と左腕の背信を嘆いた。

 新外国人投手のマドリガル(ダイヤモンドバックス3A)が、18日に来日。セットアッパーとしての期待を寄せる指揮官は「アレがおったら、勝ったやろう。まあ頼りにしてますわ」と、まだ見ぬ助っ人をリーグ戦再開後の起爆剤に指名した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月17日のニュース