王手から5戦目やっと 内海100勝「崖っ縁と思って」

[ 2013年6月17日 06:00 ]

<ソ・巨>9回2死一、三塁、山崎を空振り三振に抑え公式戦通算100勝目を挙げた内海はガッツポーズ

交流戦 巨人11-3ソフトバンク

(6月16日 ヤフオクD)
 最後も直球だった。9回2死一、三塁、外角低め138キロで山崎を空振り三振に仕留め、巨人の内海は左腕を突き上げた。10安打3失点ながら今季初完投。王手をかけてから5試合目の登板で通算100勝をつかんだ。

 「ホッとしています。崖っ縁と思って投げた。野手の皆さんに勝たせてもらいました」。安どのため息が漏れた。

 過去4試合の防御率は7・08で、ここ2試合は5回持たずに降板していた。「どこかが悪かったのでしょうが、分からなかった。やけ酒のオンパレードでした」。苦しみ、もがく中で立ち返ったのは投球の原点。この日は生命線である右打者の内角への直球、いわゆるクロスファイアを全力で投げ込んだ。「阿部さんともっと使っていこうと話をしていた。それがうまくいった」。だから、変化球も生きた。

 「まさか僕が100勝できるとは…」。ドラフト自由枠で入団したが、1年目の04年はほとんどが2軍暮らしでプロの壁にブチ当たっていた。そんな中、同年5月に祖母・晴子さんが81歳で他界。入団前から体調が優れないのは知っており「白星を見せたかった。頑張らないといけないと強く思った」。それがプロ選手としての心の原点だ。

 翌05年4月9日の中日戦(東京ドーム)でプロ初勝利。ウイニングボールは今も京都府内の実家の仏壇に供えられている。その試合、初回3者凡退に抑えながら、ベンチ前で阿部に頭を叩かれた。緊張でサインミスを続けた。それから8年。2年連続最多勝のエースへ成長し、区切りの数字に到達した。

 沢村、菅野に続き、01年以来12年ぶりの3試合連続完投でチームを4連勝に導いた。「これを通過点としてまた100勝、積み重ねたいです」。まだ31歳。エースの視線ははるか先へと向けられていた。

 ▼巨人・原監督 100勝は重い数字だと思う。彼には当然通過点ではあるが、とりあえず山を登った。これからもさらに登っていってもらいたい。

 ▼巨人・川口投手総合コーチ いい時は直球が多いというデータが出ていた。右打者の内角への直球を増やし、それが効いた。138キロかもしれないが、内海がきちんと腕を振った時は、打者は差し込まれるよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月17日のニュース