亜大・生田監督「僕の継投ミス」1年諏訪が痛恨被弾

[ 2013年6月17日 06:00 ]

<亜大・上武大>準優勝のメダルを授与される亜大ナイン

全日本大学野球選手権最終日 亜大5―6上武大

(6月16日 神宮)
 亜大は2年連続で決勝で涙をのみ、またしても日本一を逃した。6回1死満塁から痛恨の逆転満塁弾を浴びた2番手の1年生左腕・諏訪は「内角低めに直球を投げようと思ったが(コースが)甘くなった」と声を詰まらせた。

 先発した山崎と2枚看板の九里を7回から登板させようとした生田勉監督は「全ては僕の継投ミス。九里をまだ用意させてなかった。彼らに申し訳ない」と謝罪した。打線は3回まで3点を挙げたが、その後は沈黙。9回に3連打で2点を返す意地は見せた。だが、あと1点が遠く指揮官は「4点目が取れず流れを相手に渡してしまった」と振り返った。

 ◆大会タイ記録 亜大・長曽我部竜也内野手(3年)が決勝の上武大戦で2四死球。4試合で大会最多タイの7四死球を記録した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月17日のニュース