山田2回もたずKO V決定後連敗でソフトBパ3位転落

[ 2013年6月17日 06:00 ]

<ソ・巨>2回途中で降板した山田

交流戦 ソフトバンク3-11巨人

(6月16日 ヤフオクD)
 ソフトバンクは優勝を決めてから2連敗で交流戦を終え、パ・リーグでは3位転落となった。

 先発の山田が2回途中5失点で降板。2番手以下も失点を重ねた。優勝するまで1試合平均5・9得点だった打線も、この2試合は1点、3点と低調。21日のリーグ戦再開へ向け、秋山監督は「これからパ・リーグでつぶし合いになる。乗り遅れないようにしないと」と気を引き締めた。

 ▼ソフトバンク・長谷川(打率・418で交流戦史上最高打率での首位打者が確定的)最後の何試合かは4割を打つ人のスイングではない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月17日のニュース