マー君今季初完封 甲子園V腕対決は藤浪に貫禄勝ち

[ 2013年6月17日 06:00 ]

<楽・神>自軍ベンチ前で投球練習の手を止めて田中のピッチングを見つめる藤浪

交流戦 楽天3-0阪神

(6月16日 Kスタ宮城)
 甲子園V腕対決はマー君の貫禄勝ち!楽天の田中将大投手(24)は16日、阪神打線を6安打に抑え、今季初完封。球団新記録となるシーズン9連勝、2年越しでは13連勝をマークした。「父の日」のデーゲームで今季最多の2万1430人が詰めかけた大観衆の前で、5回途中で降板した黄金ルーキー・藤浪晋太郎投手(19)に球界のエースの実力を見せつけた。チームは交流戦を15勝9敗の2位で終え、リーグも2位に浮上した。

 明らかに眼光が鋭くなった。「絶対にゼロに抑える!」。マウンド上の田中は、強く心に誓った。

 無死満塁ながらまだ序盤の2回。並の投手なら1点は覚悟し、大量失点を防ぐことを念頭に置く。しかし、日本を代表するエースは、荒木に対し得意のスプリットを5球中4球投じて、狙い通り空振り三振。大和はスライダーで一直、西岡はこの日最速の154キロ直球で詰まらせて遊直に抑え、右拳を強く握った。

 「満塁で“1点はOK”という気持ちは自分の中で持ちたくはない。それがいい結果につながっていると思います」。8回も2死満塁でマートンを遊ゴロに抑えた。これで今季は満塁で12人を無安打6奪三振。スイッチが入った時の田中の集中力はすさまじい。

 発奮材料もあった。相手先発は昨年、甲子園を春夏連覇した藤浪。自身も駒大苫小牧で2年夏に優勝するなど、3度聖地を経験した「甲子園の申し子」だった。初回を3者凡退に打ち取った藤浪の投球を三塁ベンチで見ていた田中は「先に点を与えると苦しくなる」と気合を入れ、2回無死満塁のピンチを切り抜けた。黄金ルーキーについては「(身長が)大きくて、球も速い。変化球も低めに決まっていた」と賛辞を贈ったが、2人の間の「差」は自らの投球をもって示した。

 127球を費やしたが、チームとしても今季初完封で岩隈(現マリナーズ)が持つシーズン連勝の球団記録を抜き、無傷の9連勝。チームも交流戦の最後を白星で締め、2位に浮上した。02、03年に指揮を執った阪神に対して今季交流戦で4連勝を飾った星野監督は「阪神に4連勝なんて記憶にないよ。選手がよく頑張った」と目を細めた。

 現在、球界は統一球問題で揺れている。「どっちのボールでもいい。ソフトボールに変わるわけではないので」と話していた田中は、その言葉通りに「飛ぶボール」を苦にすることなく白星を積み重ねている。このまま連勝を続け、野球ファンに明るい話題を届ける。

 ▼楽天・佐藤投手コーチ(田中について)ようやくの初完封。遅いぐらいだね。調子は悪かったけど、粘って投げていた。

 ▼楽天・銀次(3回にチーム2点目の左前適時打)打ったのは直球。狙い通りの打撃ができた。

 ▼楽天・藤田(5回に貴重な追加点となる適時打)打ったのはフォーク。チャンスで打ててよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月17日のニュース