DeNA3年ぶり交流戦最下位も「CSチャンスある」

[ 2013年6月17日 06:00 ]

<西・D>6回無死一塁、打者・スピリーのとき、投手交代を告げる中畑監督

交流戦 DeNA1-7西武

(6月16日 西武D)
 DeNAは1―1の6回に一挙6点を奪われての完敗。交流戦はホームの1勝11敗が響き、7勝17敗で3年ぶり4度目の最下位に沈んだ。

 「最下位というポジションはもう嫌だ。本戦の方は何としても食らい付いていきたい。まだまだCSのチャンスはある」と中畑監督。リーグ戦再開後は投手13人制を敷く予定で、捕手3番手の黒羽根と神内を2軍に落とし、18日の練習から大原と井納を合流させる。また18日には紅白戦を行い、先発要員として期待している新外国人のコーコランを登板させる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月17日のニュース