広島 野村 1軍復帰へ前進 ウエスタンで7回1失点8奪三振

[ 2013年5月2日 15:34 ]

ウエスタンリーグ 広島2―1オリックス

(5月2日 神戸第2)
 右肩関節唇損傷で無期限2軍調整中の広島・野村が2日、ウエスタン・リーグのオリックス戦で先発し、7回を4安打8奪三振1失点。勝利投手となり、1軍復帰へ前進した。

 立ち上がりはボール先行で制球に苦しみ、初回に梶本の左前適時打で先制を許した。それでも2回以降は立ち直り、3回には低めの球で3者連続三振を奪った。

 野村は4月13日に出場選手登録を抹消され、同17日の検査で右肩関節唇損傷が判明し2軍で調整中。前田健は復帰したものの、大竹が右背筋の張りで登板のメドは立っていない状態だけに、新人王右腕の早期復帰が待たれるところだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月2日のニュース