山口→マシソン→西村 磐石リレーで逃げ切り

[ 2013年5月2日 06:00 ]

<中・巨>原監督(左)と勝利投手山口(中)は連日の殊勲打の阿部(右)を迎える

セ・リーグ 巨人3-0中日

(5月1日 ナゴヤD)
 7回1死一、二塁でマウンドに上がった巨人の2番手・山口がピンチを断ち、8回をマシソン、9回は西村が締める盤石リレーで逃げ切った。

 大島、井端を打ち取りピンチをしのいだ山口は「ブルペンでバランスよく投げられていたので、いい感じで投げられた」と振り返った。7回途中で降板した沢村も、無失点で7三振を奪う好投。「相手も点を許してないので、僕も許すわけにはいかなかった。チームが勝ってホッとしている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月2日のニュース