青木4月終えて打率・250「どうやっていくか見えた」

[ 2013年5月2日 06:00 ]

パイレーツ戦の7回、三塁内野安打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ12―8パイレーツ

(4月30日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は5打数1安打。7回の当たりが三塁への内野安打となり「何にしても結果がついてきたのがうれしい」と喜んだ。

 4月を終えての打率・250は数字的には物足りないが、感覚としては「これからどういうふうにやっていくか見えてきた」と焦りはない。チームは貯金3で首位に0・5ゲーム差。「勝負はこれから。チームがピンチの時に力を発揮できればいい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月2日のニュース