イチロー 今季初の三塁打&2戦連続マルチ安打

[ 2013年5月2日 11:17 ]

アストロズ戦の1回、三塁打を放ち、三塁に滑り込むヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース5―4アストロズ

(5月2日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローは1日、ニューヨークでのアストロズ戦に「1番・中堅」で出場し、今季初の三塁打を含む4打数2安打1四球だった。

 2試合連続のマルチ安打は今季初で打率は2割7分9厘まで上昇。試合も1点差で勝ち連勝した。

 初回、先頭打者のイチローは右中間フェンス直撃の三塁打で好機をつくると、2番ニックスの左前打で先制のホームを踏んだ。一ゴロ内野安打、右飛の後の6回の4打席目はニゴロ併殺も三塁走者が生還し、4―4の均衡を破った。8回の5打席目は敬遠だったが、結果的に6回のイチローの併殺による1点でヤンキースは勝ち、5月白星スタートとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月2日のニュース