阪神 苦手マエケンに手が出ず 甲子園で今季初負け越し

[ 2013年5月2日 06:00 ]

<神・広>3回2死、西岡は空振りの三振に倒れる(投手・前田健)

セ・リーグ 阪神0-5広島

(5月1日 甲子園)
 広島・前田健の前に、阪神の右打者はスライダー、左打者はチェンジアップに手を焼いた。

 一度も先頭打者を出すことができず、前回4月7日(マツダ)と同様、7回を無得点と封じ込まれた。これで9連戦は勝ちと負けが交互に続く「抜け抜け」で4勝5敗。甲子園での同一カード3連戦では今季初めて負け越した。指揮官は「こういうエースクラスを打っていかんと、チームは乗っていけない」と足早に球場を去った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年5月2日のニュース