古城 千金打V!「沈むシュート系狙ってた」

[ 2012年7月9日 06:00 ]

<巨・神>4回無死一、三塁、古城は中前適時打

セ・リーグ 巨人3-2阪神

(7月8日 東京D)
 巨人・古城が同点の4回無死一、三塁から勝ち越しの中前適時打。「最近(バットが)振れていなかったので、とにかく思い切り振りたいと思っていた」と6月29日の中日戦(東京ドーム)以来の安打に胸をなで下ろした。

 直前に橋上戦略コーチから落ちる球が多いと助言され、安藤の134キロの外角へ沈むシュートを捉えた。「橋上さんから聞いていたので狙っていった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月9日のニュース