石巻工 春夏連続甲子園へ「諦めない野球を」

[ 2012年7月9日 06:00 ]

開会式で堂々と行進する宮城・石巻工の阿部翔主将(左)ら

宮城大会開会式

(7月8日)
 2季連続出場へ石巻工・阿部翔主将が表情を引き締めた。

 雨で1日順延となった開会式では、元気よく行進。10日に予定されていた初戦の亘理(わたり)戦は1日遅れとなったが「いよいよ始まったという感じ。体も休められチームもいい状態になってきてる」と前向き。「最後の夏なので緊張するけど、自分たちの野球の原点の諦めない、粘り強い野球をやりたい」と力強く話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月9日のニュース