村中 7回途中2失点もミレ不在打線…無援護

[ 2012年7月9日 06:00 ]

<広・ヤ>6回1死二塁、村中(手前)は広瀬(左)に右中間適時三塁打を打たれガックリ

セ・リーグ ヤクルト0-2広島

(7月8日 マツダ)
 6回1/3を2失点のヤクルト・村中の力投も報われなかった。

 ミレッジを出場停止で欠いた打線が広島の新人・野村に抑え込まれ、リーグ戦再開後は初の零敗。小川監督は「(初回の暴投による失点が)もったいない。良かっただけに残念。村中が好投すると点が取れない」。それでも村中は「投手への四球(5回)が駄目。ただ、一時期よりも腕は振れていた」と今後へプラス材料を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月9日のニュース