マー君 10日オリックス戦に先発濃厚

[ 2012年7月9日 06:00 ]

 右脇腹痛で6日の西武戦(西武ドーム)の先発を回避した楽天・田中将大投手(23)が10日のオリックス戦(Kスタ宮城)に先発することが濃厚になった。9日にKスタ宮城で行われる全体練習に合流予定。10日の登板に向け、首脳陣が見守る中で万全の状態をアピールする。

 田中は6日の朝に右脇腹に痛みを訴え、練習中に首脳陣の判断で西武戦の先発を回避。試合途中に仙台へ戻り、翌7日に同市内の病院で軽度の炎症と診断された。星野監督は「何にもなかったよ。大したことない。誰にでもあるやろ」と早期復帰を示唆していた。

 エースの復帰はチームにとっても心強い。10日のオリックス戦に登板できれば、前半戦最後のカードとなる16日からの首位・ロッテとの3連戦(QVCマリン)の登板も可能になる。球宴には選手間投票で選出され、「当日は被災した方々もたくさん来られると思う。良い時間を過ごしていただけるようなプレーを見せたい」と語っていた。被災地・岩手で開催される3戦目(23日)に田中の雄姿が見られそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月9日のニュース