守護神・内 痛恨…9回被弾で初黒星

[ 2012年7月9日 06:00 ]

<ロ・オ>9回1死から大引に決勝弾を浴びた内

パ・リーグ ロッテ3-4オリックス

(7月8日 QVC)
 同点の9回にロッテの内がオリックス・大引に決勝ソロを被弾。今季19試合で防御率0・00だった右腕が今季初黒星を喫した。

 同点の9回に内が大引に決勝ソロを被弾。今季19試合で防御率0.00だった右腕が今季初黒星を喫した。交流戦明けにセットアッパーから配置転換された新守護神は「自分が思ったところに球がいかなかった。ショック?それはありますけど。0.00にこだわっていない」とぶ然とした表情で話した。それでもチームは折り返しの72試合を終えて首位ターン。西村監督は「最後の本塁打は余計だったけど。打線は何とかつなごうとやってくれている」と前を向いた。

 ▼ロッテ・根元(4回無死二塁からバースデー本塁打となる右越え6号2ラン)自分が一番ビックリ。29歳最高のスタートが切れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月9日のニュース