都国分寺 5番・古谷5打点大暴れ

[ 2012年7月9日 06:00 ]

西東京大会1回戦 国分寺9―2翔陽

(7月8日 八王子市民)
 都国分寺が都翔陽を7回コールドで下し、3年連続で初戦を突破した。

 5番に座った古屋は2安打5打点の活躍をみせ「緊張はそんなにしていなかった。いいところで回ってきた。打てて良かった」と笑顔で振り返った。投げては3投手の継投で2失点に抑える快勝だったが、横山一彦監督は「疲れる試合。大振りになって粗くなった。下手をすれば負ける試合だった」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月9日のニュース