阪神 新人が入寮 伊藤隼 額縁に「努力に勝る天才なし」

[ 2012年1月6日 17:52 ]

 阪神ドラフト1位の伊藤隼(慶大)や同2位の歳内(福島・聖光学院高)ら新人5選手が6日、兵庫県西宮市にある球団寮に入った。

 伊藤隼は額縁に入った「努力に勝る天才なし」という書を持参。愛知・中京大中京高時代の監督を仲介してもらったという大相撲の立行司36代木村庄之助の達筆だ。

 開幕1軍を狙う外野手は「力をもらえそうな言葉。ここの練習環境は申し分ないので、あとは自分がやるかやらないか」と引き締まった表情で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース