マーリンズ 新球場の“目玉”に問題児右腕を獲得

[ 2012年1月6日 06:00 ]

 マーリンズは交換トレードでカブスからザンブラノを獲得すると、複数の米メディアが報じた。

 今季を新球場で迎えるマ軍は、オフに積極的な補強を敢行。カ軍一筋11年間で125勝を挙げているザンブラノは、昨年8月に引退騒動を起こして資格停止リストに入れられるなど問題児としても有名だが、本拠地マイアミにラテン系住民が多いことから、ベネズエラ出身の右腕に対しても早くからラブコールを送っていた。交換要員として右腕のボルスタッドがカ軍に移籍する見込み。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース