イチロー「去年を踏まえた今年というのは、毎年のこと」

[ 2012年1月6日 06:00 ]

練習の合間に川崎(左)と談笑するイチロー

 【マリナーズ・イチローに聞く】

 ――川崎は(メジャーの)保証がない中で飛び込む。

 「覚悟を持っている人間の行動。なかなかそれは日本でやった人ほど持てないものですから。言葉で覚悟ということを言うかもしれないですが、本当に持っているのは52番(川崎)ということになる。ただ、あれを言えるということは自信もあると、僕は思う」

 ――今年は黄色の練習用シューズと黄色を基調としたサングラスを使用している。

 「靴がまぶしいのは問題ありますね。僕がまぶしくないと問題ですから」

 ――今年の色?

 「色も限りはあるので、毎年、苦労していますよ。選ぶのに。(サングラスは)09年のオールスターで使っている。ただ、これは自分が力を持っていないと(色に)負けちゃうから。そういう自分自身を奮い立たせる意味はちょっとあるかも」

 ――そういうものも必要?

 「ここ何年、ちょっと色が多いでしょ。それに負けちゃうと着られちゃうから。服とか、靴とか、身につけるものはそう」

 ――新たな1年の思いに変化は?

 「思い浮かばないですね」

 ――昨年の結果を踏まえて、今年思うことは。

 「毎年だね。去年を踏まえた今年というのは、毎年のことになる。存在しないことはない。毎年何かがありますね」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース