これで2例目 中島 西武残留 ヤンキースとの交渉決裂

[ 2012年1月6日 06:51 ]

ヤンキスとの交渉が決裂した中島

 ヤンキースは5日、ポスティングシステム(入札制度)で独占交渉権を獲得した西武の中島裕之内野手(29)との交渉が合意に達しなかったと発表した。

 中島は西武残留となり、今季中に海外フリーエージェント(FA)の取得条件を満たす見込み。

 1998年に創設された同制度で交渉権を得た球団との契約がまとまらなかったのは、2010年の岩隈久志投手とアスレチックスのケースに続き2度目。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース