「妄想を現実にしたい」栗山監督 攻撃サインを細分化へ

[ 2012年1月6日 06:00 ]

年頭式典であいさつした栗山監督は社員と一緒にガッツポーズ

 日本ハムの栗山新監督が東京・大崎の日本ハム東京支社で行われた年頭式典に出席。

 約800人の社員を前に小林浩社長が「つなぎの野球で日本一を目指してほしい」と訓示したのを受けて、栗山監督も「粘り強く諦めない戦いをして、苦しい時も皆さんと一緒に戦って全力を尽くしたい」とあいさつした。昨季は終盤に息切れして2位。絶対的なエース、ダルビッシュもメジャー移籍が確実だが「パ・リーグはどのチームにもチャンスがある。どう生かすか、一つの判断を間違わないようにしたい」。攻撃のバリエーションを増やすため細かいサインを追加する方針で「理想の形をイメージしていろいろ妄想してる。妄想を現実にしたい」と意欲的だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース