昨季パ新人王・牧田が練習公開「完投を多くしたい」

[ 2012年1月6日 18:41 ]

自主トレーニングでランニングする西武の牧田(右端)ら。左端は日本ハムの武田久

 昨季パ・リーグの新人王に輝いた西武の牧田和久投手が6日、さいたま市内の日本通運のグラウンドで行っている自主トレーニングを公開し、2年目に向け「完投を多くしていきたい」と意気込みを口にした。

 かつて所属したチームの練習場で、ランニングや遠投などで汗を流した。昨季はシーズン途中から抑えを任されたが、今季は先発に復帰する。キャンプ初日からブルペンで捕手を座らせることを目指し、「(先発では)球数も増えるし、7回100球でつかまっていた部分もある。投げ込みをしようと思う」と意欲的に話した。

 同じ場所で日本ハムの武田久も練習を行っている。下手投げの右腕は「できれば武田さんみたいに見えないところから出したい」と、社会人時代の先輩を見習って投球動作の改良にも取り組む。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース